総合的な判断を

参加先となる合宿免許の選択に際しては、単に参加費用面の比較からの損得感情ばかりに捉われず、幅広い視野を持っての総合的な判断が大切です。極端に参加費用が安価な場合、必ずしもその限りとは言えませんが、宿泊施設面の充実度など、コストカットに繋がる何らかの理由が当然存在しています。心地良く滞在期間を過ごしたいのであれば、参加者の受入れ環境面に関しても、細かい部分にまで意識を向けてのチェックをお薦めします。

また単独での参加の場合、当然各地から集った見知らぬ参加者との共同生活となります。合宿への参加を考えられた時点で、みなさん社交的なタイプの方々と思われますが、異なる個性や価値観を持つ人達との共同生活は、ルール遵守とある程度の歩み寄りが欠かせません。悪意こそ見当たらずとも何らかのトラブルや誤解をキッカケに、合宿期間中にストレスを感じ続ける状況となっては、路上教習などにも悪影響が懸念されます。気の合う友人と一緒に参加出来る合宿免許も多数開催されていますので、パートナーを伴っての参加を視野に入れるのも一案です。

また冬季に故郷の近くで開催されている合宿免許に参加すれば、正月休み期間を設定から一時帰宅を認めるコースもあり、普段親元を離れて生活されている学生の方々には、帰省を絡められるメリットが見逃せず、これもお薦めの選択肢です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket